環境

勉強をしました。基本となるのは、環境を汚染する物質を出さないようにすることです。しかし、なかにはどうしても環境に出さざるを得ない物質もあり、それについては排出基準を設けそれをこえないようにすることが必要です。
現在わが国では、環境基本法にもとづいて環境汚染を防ぐためのさまざまな対策がとられています。環境基本法は、環境に関する国の政策の基本方針を示す法律として、1993年に制定されました。この法律を中心として、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、土壌汚染対策法などがあります。環境汚染を防ぐためには、産業廃棄物の処理も大きな問題といえます。産業廃棄物は、事業活動にともなって生じた廃棄物のうち燃えがら、汚泥など20種類に分類されるものです。産業廃棄物のなかには、有害物質を含むものや特別な処理技術を必要とするものも多く、不適切な処理のまま焼却したり、埋め立てたり海などへ投棄したりすると、有害物質によって環境が汚染され、大きな健康被害につながる可能性があります。車売るならどこが高く売れるの?