更年期障害を水素の力で治す!

更年期って、女性の卵巣の機能が衰え始めて女性ホルモンが少なくなってきて閉経を迎えるくらいの時期のことです。大体40代半ばくらいの人が多くて、この頃になると月経不調が続く方が多いのだとか。

 

更年期障害は自律神経失調症のひとつで、ホルモンバランスの乱れのせいで発症するものなんです。

 

卵巣の調子が悪くなるため女性ホルモンの量が減ってしまい、必要な量のエストロゲンを分泌できないのでホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。ただ、体の問題だけではなくて、子供と離れたり親の介護などとも重なる時期ですから生活リズムの変化によるストレスも相まって更年期障害の症状は多岐に渡るんです。

 

ただ、更年期になってもほとんど変わらない人もいれば日常生活を送りづらくなる方もいます。鬱病がひどくなって家庭にも影響が出る場合があります。

 

そんななか、水素はホルモンバランスの乱れを正常に戻す効果があり、基礎代謝をUPさせることから更年期障害の症状を改善させることがあります。H2supplement

のようなサプリメントや水素水で水素は摂取することが出来、脳の血流を増加させることで精神的症状を和らげるんです。