寝る前にストレッチをやると

寝る前にストレッチをやるとどんな良いことがあるのでしょうか。
ストレッチをやれば体を動かしたり、伸ばしたりしますので、それなりの良いことがあるのは想像出来ます。

寝る前にストレッチをやると筋肉の痛みやコリが解消されるかもしれません。
運動不足によって筋肉が硬くなると、血行が悪くなり酸素や栄養が体の隅々に生き渡りにくくなります。
そうするとコリや痛みが出てきます。
ストレッチをすることによって、血行を良くして血圧を下げることによって、コリや痛みが解消されやすくなります。
もちろん、激しい動きを伴うストレッチは逆効果になってしまう恐れがあります。

ストレッチをすると副交感神経を優位にする物質が分泌されますので、リラックス出来ます。
副交感神経が優位になることによって、眠りやすくなります。
ストレッチをすることによって、手足の血行が良くなると、体の中心の深い所の熱が放射されますので深部の体温が下がります。
体温が下がることによって、睡眠モードに入ることも眠りやすくなることをサポートします。

良い睡眠をすることによって、成長ホルモンの多く分泌されますので、お肌への効果も期待できます。

このように寝る前にストレッチをすることによって、様々な良いことが起こる可能性があるのですね。

http://xn--030-wk4bpcxj783u6thfr2cpsze.xyz/