雪害ってどんな災害なのか

雪害とはどんな災害なのでしょうか。
雪害とは、雪や雪崩によって受ける損害とされています。

では、どのような損害などが実際に起こるのでしょうか。

雪崩は、斜面上になる雪などが落ちてくることです。
毎年、スキー場などで起きたり、山の斜面で発生しています。

雪害は雪が降っている時に起こると考えがちですが、雪が降っていない時でも生じることがあります。
それは、除雪の時や雪下ろしの時にも損害が発生することがあります。
屋根から転落したり、水路に落ちてしまうリスクもあります。
除雪している屋根や、屋根の雪が溶けだして下に落ちてきて、下を歩いている人に当たったりする事故もあります。
雪害は降雪の時に発生するとは限りません。

道路の凍結や積雪による事故のリスクもあります。
また、ホワイトアウトが起こっている際に起きる事故のリスクもあります。
ホワイトアウトとは地吹雪などで視界が真っ白になり、地面や景色の区別がつかなくなる現象のことです。

雪害は雪国の方なら十分にリスクが分かっていて心構えも出来ていると思われますが、雪国以外の方はその心構えや対応が十分でないこともあります。
雪害は災害だったり人災だったりしますので、雪のシーズンには十分に気を付けたいところです。

https://xn--051-kc4bzd0b4458a5o0cweaw81hlk2bfp6a.net/